1. HOME
  2. ブログ
  3. かごしま国体 炬火リレー 8月11日から3コースで実施

かごしま国体 炬火リレー 8月11日から3コースで実施

10月に鹿児島で開催される「かごしま国体」と「全国障害者スポーツ大会かごしま大会」の炬火リレーが、8月11日から県内3つのコースで行われることが発表されました。

これは6日に開かれた定例会見で三反園知事が明らかにしたものです。それによりますと、東京オリンピックが閉幕した翌日の8月10日に鹿児島県庁で採火式を行います。

炬火リレーは、8月11日から29日まで3つのコースに分かれ行われ、薩摩コースは指宿市から鹿児島市まで、大隅コースは伊佐市から鹿屋市まで、離島コースは与論町から西之表市までで、県内全ての43市町村を一つのルートでトーチをつなぎます。

炬火走者は、4月以降、各市町村による一般公募の中から選定され、全体で5000人以上となる見込みです。6日は、炬火走者が着るTシャツも発表され、大会を盛り上げ、参加者の記憶に残るものとなるようデザインしたということです。

3つのコースをめぐった炬火は9月5日に鹿児島市のアミュ広場で1つに集められ、その後は国体開幕まで県庁に展示され、一般公開されます。かごしま国体は10月3日から13日まで、全国障害者スポーツ大会は10月24日から26日まで開かれます。

関連記事