1. HOME
  2. ブログ
  3. 雪辱の準決勝進出!

雪辱の準決勝進出!

青森県八戸市で行われている冬季国体スケート競技。
鹿児島県代表の小林寛和選手が成年男子1000メートルで予選を突破しました。

大会3日目、1月31日に行われたスピードスケート成年男子1000メートル予選。
茶色のキャップの小林寛和選手(県体育協会所属)は予選1組に登場。前日の500メートルでは予選突破できなかった悔しさを胸にスタートから前方につけると、レースが動き出したところでしっかり反応。最終周回で先頭責任も果たし、見事1位で予選を通過しました。

レース後、小林寛和選手は「ホッとしている。使命は果たせたなと思っている。気を抜くことなく決勝に進出して鹿児島に貢献して、かごしま国体に向けて、勢いをつけられるよう頑張ります。」と笑顔を見せました。

小林選手は、決勝進出を掛けて2月1日に準決勝に挑みます。

関連記事